社内

難しい韓国語をスピーディーに翻訳してくれる業者がコチラ

広東語を訳してほしいなら

パソコンを操作する人

広東語に対応した業者に

香港とのビジネスをおこなうときに、最も多きな心配事になるのが、広東語という日本では耳にすることが非常に少ない言語の壁でしょう。英語も利用できるといわれていますが、香港にある会社のすべてが通じるわけではないため、広東語が必要となるのです。これから先に、香港の方が会社に訪れる予定があるなら、広東語に対応している通訳を業者を通して雇うと良いでしょう。なお、業者を探す場合は、インターネットで広東語をキーワードにすれば、すぐに対応したところが見つかります。ただし、通訳者にもレベルがありますので、高度な話を訳して欲しいのなら、雇う方をきちんと選定しましょう。業者に問い合わせれば、通訳者のレベルを教えてもらえますので、確認した上での依頼をオススメします。ただし、対面ではなく電話で話をするときには、通訳の方にきてはもらえないため、対策に困るかもしれません。そのような状況なら、電話通訳というサービスが存在しますので、そちらを利用して香港と話し合いをおこないましょう。このサービスを使えば、会話の間に入って通訳してくれますので、何の問題もなくビジネスを進められます。しかも、24時間対応している電話通訳もあるため、時差が大きい国との連絡の力にもなってくれます(ちなみに香港との時差は1時間程度です)。なお、電話でサービスを受ける場合は、一分あたりの料金となることが多いので、色々と比べて安い通訳料のところを見つけてはいかがでしょう。