メンズ

難しい韓国語をスピーディーに翻訳してくれる業者がコチラ

男の人

世界への商機を逃さない

世界を相手に商売をするには、言語の壁は大きいものです。そこで利用したいのが多言語翻訳サービスです。メールや文書の翻訳サポートや、通訳士を挟んだ電話の3者間通話など、商談においてメリットのあるサービスです。また学校関係や輸出サービス企業、観光業など多業種において利用価値の高いサービス内容なのです。

最適な代行サービスを選定

男女

単価や納期がポイントに

韓国語の翻訳サービスは、一般的に翻訳を必要とする文字数によって利用料金が決まります。1文字あたりの単価が設定されており、総文字数で料金が前後する仕組みです。特殊な翻訳の場合は、このような単価のルールは適用されないこともあり得ます。文字数で割り出された料金には、手数料などもプラスされますので料金は慎重に比較を行いたい部分です。コストを考えた場合、単価の安い会社に依頼をした方が経済的なのは事実です。ですが、料金の安さだけに捕らわれると、翻訳の質や納期のチェックが疎かになる可能性が高いです。スピード重視の会社などもありますので、急ぐ時には融通を利いてくれる会社が有力な候補です。その時の必要に応じて、優先したい要素を決めて会社を探していきます。技術的な内容の韓国語翻訳を依頼する時は、その内容に対応してもらえるかどうかも一つのポイントです。専門用語を正確な日本語、韓国語に訳せる会社を探すのが、ビジネスを成功させるための秘訣となります。日本語を韓国語に訳す場合は、特に誤解が生じないような明確な訳文が必要です。第3者が提供している比較データを参考にすると、現在の日本で利用出来る会社を一覧で見ることが出来ます。料金や納期、翻訳の質といった項目別に、各社が順位付けがされているため、優先したい項目からおすすめの会社のピックアップが可能です。参考材料として非常に活用しやすいデータであり、会社の選定の際には一覧しておく価値があります。

パソコンを操作する人

広東語を訳してほしいなら

香港とビジネスのやりとりをおこないたい場合は、あまり馴染みのない広東語が必要となる可能性があります。広東語が分からないのならば、通訳業者に仕事を依頼すれば、対面や電話を通してのサービスが利用できますので、話し合いに活用しましょう。

メンズ

翻訳サービスと業務内容

最近の翻訳代行をする会社では、世界各国の言語に対応しています。アジアやヨーロッパ圏の言語に、全国のスタッフが対応するのが、このような会社です。大手の会社を選ぶと、翻訳スタッフとの間を取り持つ専門の担当者から対応が受けられます。